更新日:2016年08月07日

津幡町「町政バス」

  平成28年度は、「つながる」をテーマに、さまざまな点と点を結んでいきます。
  今年4月に完成した「津幡ふるさと歴史館」をメインに、江戸時代の津幡町の俳人「河合見風」が住んでいた長寿庵や見風句碑、見風が前田土佐守直躬とともに再建した「為広塚」を視察した後、前田土佐守家の歴代資料が集められた「前田土佐守家資料館」など、金沢市長町周辺まで足を伸ばします。
  昼食後は、津幡町と災害時相互応援協定を結ぶ和歌山県上富田町の町民劇団による舞台「彦五郎物語」を優待席でご覧いただきます。

日時    平成28年8月7日(日) 8時50分集合
場所    津幡町文化会館「シグナス」玄関前
参加費  1,500円(ランチ、保険料込)
コース  長寿庵、見風句碑、為広塚、津幡ふるさと歴史館、前田土佐守家資料館、金沢老舗記念館
        洋食とデザートのお店「miel(ミエル)」、観劇「彦五郎物語」
定員    先着30人程度
受付    平成28年7月22日(金)まで

申込・問合先
企画財政課  電話076-288-2158