更新日:2018年11月07日

「第17回HABふるさとCM大賞」審査会が開催されました

  11月1日(木)に、石川県内の19市町が30秒のオリジナルCMを制作し、ふるさとの魅力をPRする「第17回HABふるさとCM大賞」の審査会に出席しました。

  今年は制作テーマを設けず、各市町がふるさとの魅力を自由に表現するということで、津幡町では町が普及・推進を図っているボート競技「レガッタ(ナックルフォア艇)」をCMの題材として取り上げました。

  制作したCMでは、性別や年齢、ライフスタイルの異なる5人の登場人物が、それぞれの日常でボートを漕ぐ動作や「キャッチ・ロー」の掛け声が思わず出てしまうほど「ボートが身近に根付いている町である」ということをアピールしています。

  昨年は見事大賞を受賞し、2度目の連覇を目指した今回。果たして結果はどうだったのか!?

  放送日は11月24日(土)14:00~15:00(HAB北陸朝日放送)ですので、是非テレビでご覧ください。

  県内市町の作品は、下の関連リンクより視聴できます。

  ミニ番組の放送もありますので、併せてご覧ください。

  ○第17回HABふるさとCM大賞ミニ番組「速報!ふるさとかわらばん」

  日 時:11月15日(木)19:54~20:00

  放送局:HAB北陸朝日放送

  内  容:津幡町と加賀市の作品紹介(結果発表はなし)


関連リンク