更新日:2014年07月25日

津幡町名誉町民・第4代津幡町長 矢田 剛氏ご逝去

名誉町民で元津幡町長の矢田 剛氏(85歳)が、7月22日に逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

お別れの言葉

  矢田 剛氏は、1970年4月に40歳の若さで津幡町長選挙に初当選した後、躍動するまちづくりをめざして2002年4月までの8期32年にわたり、津幡町長として町政の発展にご尽力されました。
  就任当初は度重なる災害に見舞われ、町の人口も低迷していた時期でした。町の生活基盤を確立することが急務とされていたなか、氏は「道路・水・教育」の3つを大きな柱として掲げ、施策の舵を取って来られました。この基盤の整備に目途が立つと、「福祉・文化」を重点施策に加え、その充実と振興に寄与されました。
  今日の津幡町は、氏の築いた礎の上に成り立っています。そのまちづくりへの強い情熱と固い意思を引き継ぎ、さらなる発展を遂げるため、町民の皆さんとともに努力をしてまいりますことをお誓い申し上げ、津幡町民を代表してのお別れの言葉といたします。

                                                    

  平成26年7月24日
   津幡町長 矢田 富郎


名誉町民 矢田 剛氏
お問い合わせ
総務課 Tel.076-288-2120