更新日:2015年03月16日

個人番号カードとコンビニ交付サービス

  社会保障・税番号(マイナンバー)制度が平成28年1月から開始されることに伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の交付が終了し、新たに個人番号カードが交付されることとなります。
  津幡町では、行政サービスの向上を図るため、個人番号カードを利用して全国の大手コンビニエンスストアで住民票や印鑑登録証明書などの交付を受けられるサービス(コンビニ交付サービス)を開始する予定です。
  なお、現在交付されている住基カードは、マイナンバー制度開始後も有効期限まで使用できますが、コンビニ交付サービスには利用できません。また、個人番号カードとの重複所持はできません。

  個人番号カードについて

  • カードの新規発行手数料は無料となる予定です(再交付は有料)。
  • カードには顔写真が印刷され、身分証明書として利用できます。
  • カードの有効期限は、発行から10回目(発行時20歳未満の方は5回目)の誕生日までです。
  • e-Tax等の電子申請が行える電子証明書も標準搭載されます。
  • コンビニ交付サービスで取得できる証明書等は、原則カード本人の住民票、戸籍謄(抄)本、印鑑登録証明書、戸籍の附票を予定しています。

    ※上記内容は、現時点での予定であり、変更される可能性もありますのでご了承願います。


社会保障・税番号制度や、個人番号カードの詳細については、以下をご参照ください。

    内閣官房ホームページ

    個人番号制度全国共通ナビダイヤル:0570-20-0178(平日9:30~17:30)

お問い合わせ
町民課 Tel. 076-288-2124