更新日:2017年09月08日

検診で結核をチェック

  9月24日~30日は結核予防週間です。
結核についての正しい知識と予防の重要性について深める1週間です。

「結核」は今でも1日に50人の新しい患者が発生し、5人が亡くなっている日本の重大な感染症です。

「結核」は空気感染する病気で初期症状は風邪と似ていますが、咳や微熱が2週間以上続く場合は、感染の可能性も疑われます。
重症化すると呼吸困難を引き起こし、死に至ることもあります。

町では、「肺がん・結核検診」を、集団健診(9月8日~10日、10月16日、17日、31日、11月1日、2日)と医療機関での個別健診(10月31日まで)で行っています。

みなさん進んで受診しましょう。

問い合わせ先
健康推進課  ☎ 076-288-7926