更新日:2017年09月26日

腸管出血性大腸菌感染症(O157等)にご注意ください

腸管出血性大腸菌感染症について

腸管出血性大腸菌(O157等)が体の中に入り、この菌が産生する「ベロ毒素」によってひきおこされる病気です。感染力が強く、比較的少量の菌でも感染します。

腸管出血性大腸菌感染症の患者は、毎年夏場から初秋に多発していることから十分注意が必要です。

症状

下痢、腹痛、血便が主な症状です。無症状の場合もあります。重篤な合併症を起こす場合もあります。

感染経路について

菌が手指や食品に付いて口から体に入ると感染します。

予防のために

  • 食事づくりの前や排便の後には丁寧に手を洗いましょう。
  • 腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅します。食肉もしっかり加熱して食べましょう。
  • レバーや牛肉、鶏肉、豚肉の生食は絶対にやめましょう
  • 肉を焼く箸と食べる箸は分けましょう。
  • 生肉に使った調理器具は十分に洗って消毒しましょう。


石川県ホームページから参考リンクをご覧いただけます。

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/menu/o157.html

 



お問い合せ
健康推進課  Tel.076-288-7926