国民年金


国民年金は働く世代が高齢者世代の生活を支える「世代間扶養」のしくみです。20歳から60歳までの方を対象として、加入が義務づけられています。
 
■加入者の種類
加入者は、保険料の納付方法や給付内容が異なっている為、次の3種類に分けられています。
@第1号被保険者・自営業、学生、フリーター、無職の方など。
A第2号被保険者・厚生年金や共済組合に加入している会社員や公務員など
B第3号被保険者・第2号被保険者に扶養されている妻または夫。

*第1号被保険者に関する届出は役場窓口で行います。

☆ こんなときは届け出をしてください。 ☆

●20歳に達したとき(印鑑)
●職場をやめたとき(印鑑、年金手帳、離職票)
●扶養から抜け、就職しないとき(印鑑、年金手帳、扶養喪失日の分かるもの)
●60歳以上65歳未満の方で任意加入するとき(印鑑、年金手帳)
●住所・氏名が変わったとき(年金手帳)
●保険料納付の免除を受けたいとき(印鑑、学生の場合は学生証の写し、退職した人は離職票)
●年金手帳の再交付をしたいとき(印鑑、身分証明書等)

*加入の手続きが済むと社会保険事務所から納付書が送付されます。

*便利でお得な保険料の納め方として『早割制度』『前納制度』『付加保険料』などがあります。



お問い合わせ先
保険年金課
(保険年金係)
076-288-7924

ひとつ前へ戻る
トップページへ