更新日:2013年02月01日
危険物貯蔵、取扱の注意点

危険物の貯蔵、取り扱いの注意事項

・危険物を取り扱う場所では火気を使用しない。

・常に整理、清掃を行い、空箱などは置かない。

・漏れ、あふれ、飛散しないようにする。

・危険物を収納する容器は、法令で定められたものを使用する。
  (ガソリン、軽油は金属容器、灯油は灯油用ポリエチレン容器又は金属容器)

・容器は必ず密閉し、直射日光のあたらない場所に保管する。

・屋内で貯蔵又は取扱う場合は通風や換気を徹底する。

・保管場所には、可燃性物品を置かない。

・ガソリン、軽油、灯油など揮発性の高いものを取り扱う場合は、人体の静電気を除去する。

・石油ストーブ等の燃料タンクに灯油を補給する場合は火を止めてから補給する。

このページのトップへ戻る