更新日:2013年02月01日
コンロの周りは大丈夫?

ガスコンロについて!
・ガスコンロの周りに燃えやすいものを置かない。
・ガスコンロの周りに燃えやすいものを置いていると、コンロの直火と接触し、輻射熱で火災になることがあります。
・ガスコンロの周りは、常に整理整頓しましょう。

調理中はその場を離れない!
・火を使っている時は、その場を絶対に離れてはいけません。
・もし、離れる場合は、必ず火を消してください。

壁との間に、十分な距離を!
・ガスコンロを壁に近づけて置いておくと、輻射熱を長期間受けることにより、 壁が徐々に炭化して着火し、火災になることがあります。
・ガスコンと壁の間は十分な距離をとりましょう。

ガスコンロは常に清掃!
・ガスコンロの周りの付着した油汚れなどは火が燃え移り、火災になることがあります。ガスコンロの周りや換気扇、グリル内などは清掃しましょう。

古いガスホースは早めに取り替える!
・古くなったゴム管は固くなり、劣化してひび割れなどが起こり、ガスが漏れる原因となります。定期的に点検し、異常があれば取り替えましょう。

このページのトップへ戻る