更新日:2013年02月01日
あなたの消火器は大丈夫?

  破裂の恐れのある消火器はこのような状態です
  キャップ(首の部分)や底部がさびついている。(事故の多くはさびによる腐食が原因です)

老朽化した消火器の使用時における事故とは…

・全国で消火器が破裂し、負傷する事故が発生しています。
・消火器は自然に破裂することはほとんどありません。
・消火器は使用するとき、消火器内部に非常に高圧な力がかかります。そのため老朽化した消火器では、サビ・キズ・腐食等により本体の強度がなくなり、高圧な力に耐えきれず、破裂する危険性があります。

  消火器の容器にサビ・キズ・変形やキャップにゆるみのあるものは使用しないで、販売店か専門業者に相談してください。 古い消火器は普通にゴミのように捨てたり、放置しないでください。廃棄する場合は、必ずお買い求めの販売店か専門業者にお引渡しください。

※消火器廃棄方法については「火災を防ぐ」⇒「消火器の廃棄について」を参照。

このページのトップへ戻る