更新日:2013年02月01日
放火による火災を防ぐ
  放火による火災は、深夜人目を避けて、無作為、発作的に行われます。 家の周りにある燃えやすい物を置かないなど、「放火されない」「放火させない」環境を作ることで放火を少なくできます。

注意すべき点
・家の周りに燃えやすい物を置かない。
・物置、車庫には必ず鍵をかける。
・ごみは決められた日の朝に出す。
・照明器具の設置などにより暗がりをなくす。

このページのトップへ戻る