更新日:2013年02月01日
ストーブによる火災を防ぐ
  ストーブ火災の原因のほとんどは、チョットした油断などの取扱いの注意不足です。 また、ガソリンや軽油を灯油と間違えてストーブに給油し、火災になる事例等多くおきています。

注意すべき点
・燃えやすい物の近くや、物が落下するおそれのある所では使用しない。
・外出する時や寝る時は、火を消す。
・ストーブのまわりには、スプレー缶等を置かないようにする。
・灯油の保管場所と他の油の保管場所を変える。

このページのトップへ戻る