更新日:2013年02月01日
電気による火災を防ぐ
  身近にある電気製品は、ちょっとした使用方法の誤りや管理不足により、火災になってしまうおそれがあります。コンセントやプラグ、電気コードなどもこまめに点検し、正しい取り扱いを心がけましょう。

注意すべき点
・コンセントやプラグには、ほこりなどが溜まらないようきれいに保つ。
・電気器具の使用後はプラグを抜き、決められたところに片付ける。
・傷みや緩みがあるプラグは使わない。
・タコ足配線はしない。

このページのトップへ戻る