更新日:2017年10月29日
平成29年秋季火災予防運動について

  火災が発生しやすい気候となる時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的として11月9日(木)から11月15日(水)までの7日間、平成29年秋季火災予防運動を行います。

住宅防火 いのちを守る  7つのポイント


「3つの習慣」
  1.寝たばこは、絶対やめる。
  2.ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  3.ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。


「4つの対策」
  1.逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  2.寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  3.火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
  4.お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。


火災は財産そして命までも奪う恐ろしいものです。
火災に対して十分な備えをして、家族や隣近所の助け合いを大事に、互いに声を掛け合って火災予防に取り組みましょう。


統一標語


『火の用心  ことばを形に 習慣に』
(平成29年度全国統一防火標語)
『さあチェック 出る前寝る前  火の用心』
(平成29年津幡町防火標語)

問い合わせ先


〒929-0325
津幡町字加賀爪ハ109-1
津幡町消防本部 予防課
☎288-3000

このページのトップへ戻る