更新日:2017年03月29日
消防車両(しょうぼうしゃりょう)

1号車(いちごうしゃ)  2号車(にごうしゃ)

1号車(いちごうしゃ)
1号車(いちごうしゃ)は、燃えているところのすぐ近くで火を消す車になります!
この車には、2,000リットルの水槽(すいそう)がついていて、少しの時間なら吸水(きゅうすい)しなくても、火を消すこと(消火(しょうか))が可能です!

2号車(にごうしゃ)
2号車(にごうしゃ)は、水は積んでいませんが小型(こがた)で狭い道でも入って行けます。消火栓(しょうかせん)や防火水槽(ぼうかすいそう)から水を吸水(きゅうすい)して、1号車(いちごうしゃ)へ水を送り、消火活動(しょうかかつどう)を行います!

救急車(きゅうきゅうしゃ)

救急車(きゅうきゅうしゃ)
救急車(きゅうきゅうしゃ)は、病気(びょうき)の人やケガをした人を病院(びょういん)まで運ぶ車です!
ピーポーピーポーとサイレンを鳴らして走ります!

  救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)  はしご車(はしごしゃ)

救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)
救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)は、交通事故(こうつうじこ)にあった人などを助けに行く車です!
この車には様々な人を助ける道具(どうぐ)がのせてあり、それらの道具(どうぐ)を使って人を助けます!

はしご車(はしごしゃ)
はしご車は高いところにいる人を助けに行く車です!
この車も水を吸水(きゅうすい)することにより、放水(ほうすい)をすることができます!

指揮車(しきしゃ)  機材車(きざいしゃ)

指揮車(しきしゃ)
指揮車(しきしゃ)は、火事(かじ)や交通事故(こうつうじこ)の時に、どうすれば火を早く消せるか、どうすれば安全(あんぜん)に助けることができるかなどを考えてくれる車になります!

機材車(きざいしゃ)
機材車(きざいしゃ)は、火事(かじ)が起こっているところへ、消防(しょうぼう)のおじさんたちや、火を消すための道具(どうぐ)を運ぶ車になります!

警防車(けいぼうしゃ)  予防車(よぼうしゃ)

警防車・予防車(けいぼうしゃ・よぼうしゃ)
警防車・予防車(けいぼうしゃ・よぼうしゃ)は、消防(しょうぼう)のおじさんたちがいろいろなところが火事(かじ)にならないように、火災予防(かさいよぼう)を呼びかける車になります!

津幡町消防本部(つばたまちしょうぼうほんぶ)では、いろいろな災害(さいがい)に応じて、これらの車が出動(しゅつどう)して人を助けに行きます!

このページのトップへ戻る