津幡町
Google Web全体サイト内
TSUBATA
石川県津幡町オフィシャルサイト 
top ようこそ津幡町へ くらし情報 行政情報 文化財・観光 リンク お問い合わせ
 津幡町トップ 獅子舞> 上河合区


文化財・観光

 上河合区

 通称「おどり獅子」と呼ばれ、9月15日の秋季祭礼に獅子を出している。
 獅子頭は、 昭和44年(1969)に造られたもので、作者は富山県井波の北川日風氏である。蚊帳は、同じく昭和44年(1969)に作られたもので、麻布に巻毛模様がほどこされている。胴張りの竹(胴竹)を3本入れ蚊帳の内側で縛り、尾は3m余の竹に赤く染めた1m余の苧麻をつける。
 頭振り(頭持ち)は白シャツに白の長ズボン、赤地に黒で「塵」をあしらった懸帯をつけ、脚絆に白足袋・草鞋をはき、蚊帳の先端を縛って襷がけにし体につける。一方、棒振りは、「上」をあしらった胸当てに柄模様の着物を着て手ゴテ(腕ヌキ)をし、襷をつけ、柄模様の袴、脚絆に白足袋・草鞋をはく。
 棒振りの流技は越中獅子の流れを汲むもので、棒を持った棒振りの動きにあわせて踊るように獅子が動く。
 囃子は6種類あり、神社や家々の出入りには「フタフシ」、町廻りの時には「道中ブシ」、演技する時は「七五三」「ケイブリ」「ヤツブシ」「五三」を演奏する。囃子方は、小・中学生と決まっており、絣の着物に手ゴテ(腕ヌキ)、カッコ笠(編笠)をつけ、笛12、3人(男女)、太鼓2人(男)、鉦1人(男)が獅子の前方で演奏する。
 家々からの花(祝儀)には「目録一ツ、金貨一封御酒肴ハ沢山、人気ハ栄当栄当マタ栄当、右ノダンナ様ハ○○様ノ御贔屓トアッテ、ワレワレ塵積会一同ニ下サル」と言上する。  なお、上河合地区には獅子舞のほか「牛舞坊」がある。
高さ(角) 39.0(11.0)cm
前幅 31.0cm
後幅 31.0cm
奥行 38.5cm
重さ 4.0kg
外側 朱漆塗
内側 朱漆塗
黒・白
金塗
歯・牙 金塗・金塗
外側:朱漆塗
内側:朱漆塗
目・眉 金地に黒目・金塗
金塗
口・唇 朱漆塗・朱漆塗




津幡町役場 〒929-0393 石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL(076)288-2121 FAX(076)288-6358