更新日:2016年06月14日

住民票コード

住民票コードとは?

  市区町村の区域を越えた住民票に関する事務の処理や、国の行政機関等に対する住民票情報(本人確認情報)の提供を行うための仕組み(住民基本台帳 ネットワークシステム)の基礎となる11桁のコードです。平成11年の住民基本台帳法の改正により、住基ネット稼働時から、全住民に他の住民とは重複しな い番号として住民票の記載事項に新たに加わりました。番号は不規則に付番されるため、住民票コードから住所や生年月日を推測することはできません。
  津幡町では平成14年8月に全世帯あてに住民票コードの通知票を郵送しました。今後の行政機関への届出、申請の際に必要となりますので大切に保管してください。
  住民票コードを民間が使用することは法律で禁止されています。

 

住民票コード通知票を紛失した場合

  電話など口頭で教えることはできません。
  窓口で申請することにより、住民票コード通知票の再発行ができます。請求ができるのは本人または本人と同一世帯の方です。

 

必要なもの
  • 窓口にお越しになる方の印鑑
  • 窓口にお越しになる方の本人確認書類(運転免許証等、官公署発行の顔写真付き身分証明書)
  • 代理の方が窓口にお越しになる場合は、委任状

※本人または本人と同一世帯の方が窓口で請求した場合に限り即日交付します。
※別世帯の代理人による申請の場合は、本人あてに郵送での交付となります。

 


お問い合わせ
町民課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2124 FAX 076-288-4354
メール choumin@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム