更新日:2014年03月18日

氏名をかえたいのですがどのような手続きが必要ですか?
氏名を変更する為には、家庭裁判所に申し立てをして、許可を得る必要があります。
戸籍上の氏(名字)は「やむを得ない事情」、名前は「正当な事情」がなければ変更できません。申し立てが認められるかどうかは、家庭裁判所の判断となります。

家庭裁判所への申し立て方法について

申立先…氏名を変更する方の住所地を管轄する「家庭裁判所」
申立人…氏名を変更する方(15歳未満の場合は法定代理人)
※氏を変更するときは、戸籍の筆頭者及び配偶者が申立人となります。

  ※詳細については【家庭裁判所】にお問い合わせください。

<お問い合せ先>

【金沢家庭裁判所】
石川県金沢市丸の内7-1  (電話  076-221-3111)

改姓するとき(裁判所の許可を得たあとの手続きについて)

届出先

町民課(届出人の所在地または本籍地が津幡町の場合)

必要なもの
  • 氏の変更届(届出用紙は全国共通です。)
    ※町民課で氏の変更届の用紙をお渡ししています。
  • 氏変更許可の審判の謄本及び確定証明書(家庭裁判所で発行)
  • 届出人(氏を変更する方)の印鑑
    ※婚姻している方は配偶者も届出人となりますので別々の印鑑をお持ちください。なお、印鑑をお持ちいただいても届書にお二人の署名がないものは受付けできません。

改名するとき(裁判所の許可を得たあとの手続きについて)

届出先

町民課(届出人の所在地または本籍地が津幡町の場合)

必要なもの
  • 名の変更届(届出用紙は全国共通です。)
    ※町民課で名の変更届の用紙をお渡ししています。
  • 名変更許可の審判の謄本(家庭裁判所で発行)
  • 届出人(名を変更する方。15歳未満の方は法定代理人)の印鑑
    ※届書に届出人の署名がないものは受付けできません。


※氏や名の文字の更正・訂正(例:濱→浜、廣→広、惠→恵など)の場合は、氏名の変更(改姓、改名)と手続きが異なります。
  また、更正・訂正が可能かどうかは、対象となる文字の内容により判断されますので、詳しくは町民課までお問い合わせください。

※婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁等により氏の変更が必要になった場合は、各々の届出により、氏を変更することになります。この場合、家庭裁判所の許可が不要なものもありますので、詳しくは町民課までお問い合わせください。 


お問い合わせ
町民課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2124 FAX 076-288-4354
メール choumin@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム