更新日:2016年06月14日

転出・転入届の特例

  マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方は、転入転出の手続きの特例を受けることができます。あらかじめ旧住所地市区町村へ郵送などで転出届を提出することによって、転出証明書の交付を受けることなく転入地市区町村の窓口にカードを提示し、カードの暗証番号を照合することで転入の手続きができます。

転出地での手続きについて

  旧住所地へ郵送で転出届をしてください。その場合、窓口へ来る必要はありませんが、国民健康保険後期高齢者医療保険介護保険児童手当学校関係の手続きなどは各担当課において手続きがありますので、事前にお問い合わせください。

利用できる人

  マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの交付を受けている本人または本人と同一世帯で一緒に引越しする方

届出期間

  転出する1か月前から転出後2週間までの期間
※転出後2週間を経過してからの届出の場合、転出届の特例は適用されません。通常の転出届をしてください。

手続方法

  転出届を郵送してください。
  ダウンロードすることができない場合、様式は問いませんので便箋に「転出届(マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード有)」とご記入の上、以下の事項をご記入ください。

  1.届出年月日
  2.異動年月日(転出予定年月日)
  3.届出人氏名(氏名の横に押印してください)
  4.今までの住所および世帯主氏名
  5.新しい住所および世帯主氏名
  6.異動する方(届出人も含む)の氏名、生年月日、性別、続柄
  7.日中ご連絡可能な電話番号

※届出人の本人確認書類(マイナンバーカード表面、運転免許証など)の写しを同封してください。

転入地での手続きについて

  転入の際にマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの提示と暗証番号(数字4ケタ)の入力が必要になります。その際にカードの継続利用(新住所地でもカードを有効にする処理)、券面更新(カードに新住所などを記載する処理)の手続きをします。また、マイナンバーカードの署名用電子証明書は転出により失効するため、必要な場合は再発行の手続きがあります。住民基本台帳カードの電子証明書の再発行はできませんのでご注意ください。

※暗証番号をお忘れの方は再設定ができますが、再設定ができるのはマイナンバーカードなどの交付を受けている本人が来庁し、官公署発行の顔写真付き身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証など)により本人確認ができた場合に限ります。

利用できる人

  マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの交付を受けている本人、本人と同一世帯で一緒に引越しする方、引越し先で同一世帯となる方

※同一世帯の方が手続きされる場合は本人に暗証番号の確認をお願いします。

届出期間

  転入した日から2週間以内
※転出予定日から30日を経過するとマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードは失効し、転入届の特例が適用できなくなります。その場合、旧住所地から転出証明書を取得し、通常の転入届出を行っていただく必要がありますのでご注意ください。

注意事項

  1. マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの有効期間が満了している場合は、失効となるため継続利用はできません。
  2. 転出先市区町村の変更があった場合、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの継続利用ができません。継続利用を希望される場合は、旧住所地市区町村にお問い合わせください。
  3. 郵送での転出届に不備があった場合は、本人に電話などで確認のうえ、通常の転出届に切り替え転出証明書を郵送させていただくことがあります。
  4. 郵送という性格上、転出届出後、新住所地の役場に情報が送信されるまで数日間かかることがあります。
  5. 転入届をしてから90日以内にマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの継続利用手続きをしなかった場合は当該カードは失効します。  



 

関連リンク

お問い合わせ
町民課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2124 FAX 076-288-4354
メール choumin@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム