更新日:2018年02月20日

児童虐待に関すること

子どもを虐待から守りましょう!
「消さないで、きらきら光る子どもの笑顔」
児童虐待は、子どもの人権を著しく侵害し、心身の成長や人格形成にも悪影響を及ぼします。

次のようなことが児童虐待です

  • 「身体的虐待」…身体に傷を負わせたり、生命に危険を及ぼすこと。殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど
  • 「心理的虐待」…暴言や拒否的態度、差別、子どもの面前での家族への暴力(DV)
  • 「ネグレクト」(放棄放任)…食事を与えない、入浴をさせないなど養育の怠慢や拒否。
  • 「性的虐待」…子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど。

「しつけ」と「虐待」の違いについて

「しつけ」とは、子どもに自分で行動をコントロールする力をつけるための行為であり、「虐待」とは、保護者の意図や思いにかかわらず、子どもの健全な成長を阻害する不適切な扱いをいいます。「虐待」かどうかの判断は、保護者の思いとは関係なく、子どもの立場から考えて「子どもが苦しんでいるか」、「成長に悪影響はないか」といった観点から判断します。たとえ保護者が愛情に根差した「しつけ」と考えていても、子どもの立場が優先されます。

児童相談所や町の相談窓口にご連絡ください。

  • 児童相談所全国共通ダイヤル ☎ 189  (お住まいの地域の児童相談所につながります)
          (地域の児童相談所:石川県中央児童相談所  ☎ 076-223-9553)
  • 町地域包括支援センター        ☎ 076-288-7952

虐待に気づいたら自分だけで抱え込まず、子どもの尊い命を守るためにも、より早い情報提供をお願いします。情報提供された方も守られます。  社会全体で子育て家庭を見守り、虐待のない社会を目指しましょう。



お問い合わせ
福祉課 地域包括支援センター
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-7952 FAX 076-288-4354
メール fukushi@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム