更新日:2012年03月01日

町議会の運営

通年議会の導入

  津幡町議会は、平成24年2月から「通年議会」を試行、平成25年1月から実施し、毎年1月15日から翌年1月14日までを会期としています。
  議会は、議長の権限で休会と再開を繰り返し、基本的にはそれぞれ本会議と委員会が開かれます。
  会議は、原則、定数(16人)の半数以上の議員の出席がないと開くことができません。また、議会で決める事柄は、原則、出席議員の過半数で決定します。
津幡町議会の会期及び定例日を定める条例
津幡町議会通年議会の実施に関する規程

本会議

  本会議は、議案などについて、議会の最終的な意思を決定するために議場で行われる会議です。
提出された議案について町長などが説明し、これに対し議員からの質疑が行われ、意見が述べられた後に可否の表決をします。
  町政に対する一般質問は、3・6・9・12月におこなわれます。

委員会

  議案などの可否は、最終的には本会議で決められますが、町政にかかわる事項は広範囲にわたるため、あらかじめいくつかの委員会を設け、付託された議案などを、それぞれの委員会が専門的に審査します。委員会には、議会運営委員会、常任委員会、特別委員会があります。
委員会

通年議会導入に伴う大きな変更点

  • 呼称の変更
    「定例会」「臨時会」の呼称を使用せず、平成○年津幡町議会○月会議となります。
  • 会議の日程
    定例に開かれる3・6・9・12月(定例月)の会議は、4日が初日となります。
      ※4日が休日の場合は、 4日以降の最も近い平日が初日となります。
    定例月以外にも、必要に応じて会議が開かれます。
  • 常任委員会の開催
    常任委員会の調査活動等がいつでもできることから、議会の活性化が図られます。
  • 町長の専決処分
    いつでも議会を再開することができるため、町長の専決処分は原則なくなります。

会議の流れ

会議の議事はおおよそ次のような流れで進められます。

本会議

  • 開会・再開  
  • 議案説明…提案者である町長などが議案の説明をします。
  • 質疑(議案などに対するもの)…議案などについて、不明確な点やくわしく知りたい点を町長
                                                   (提案者)などに問いただします。
  • 一般質問…議案に関係なく、町政全般について町長など執行機関の考えや方針を問い
                     ただします。
  • 議案等委員会付託…議案などをより慎重に専門的・効率的に審査するため、担当の常任・特別
                                    委員会や議会運営委員会に付託します。

  ↓
委員会審査…付託された議案・請願・陳情をそれぞれの委員会で個別に審査します。
  ↓
本会議

  • 委員長報告…それぞれの委員長が委員会での表決結果について報告します。
  • 質疑(委員長報告に対するもの)…委員長報告の不明確な点を委員長に問いただします。
  • 討論…議案などについて、賛成または反対の意見を述べ、賛同を求めます。
  • 表決…議案などについて、議員が賛否の意思を明らかにします。この表決結果を議決といい、
              議会の意思決定となります。
  • 散会

お問い合わせ
津幡町議会
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-6410 FAX 076-288-6418
メール gikaijimukyoku@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム