更新日:2012年03月01日

下水道使用料に、散水などの下水処理されない水の料金が含まれるのはなぜですか?
水道水による汚水の排除量は、水道使用水量をもってその排除量とみなしています。下水に排出される汚水の量を個別に正確に測定することは、技術的に大変困難であり現実的ではありません。仮にメ-タ-がつけられたとしても、それに伴うシステムの構築や検針に係る費用など莫大な経費がかかり、そのコストは結局、下水道使用料にはね返ることになります。そのため、多少の誤差はあっても、水道使用量=汚水排除量とみなすことにしています。
  ただし、農地などで散水専用の水道栓を敷設し、単独で水道のメーターが設置されている場合は、申告していただき、100%下水道に流れていないことが確認されれば、下水道使用料は賦課しません。

お問い合わせ
上下水道課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-6238(下水道係)、076-288-6138(上水道係・料金係) FAX 076-288-5646
メール gesuidou@town.tsubata.lg.jp(下水道係)、jousuidou@town.tsubata.lg.jp(上水道係・料金係)
お問い合わせフォーム