更新日:2012年03月01日

水の濁り
白く濁った水

蛇口から出る水の色について、よくある事例を紹介します。

水の色が白い?

  蛇口から水をコップなどでくんだとき、ソーダー水のように小さい泡がいっぱい出て水が白く見え、しばらくそっとしておくと透明になります。この泡の正体は気泡(空気)です。
  水道管の所々に空気弁を設置してありますが、それでも抜けていかなかった空気が蛇口から水と一緒に出たと考えられます。しばらく水を使い続けるとなくなります。
  空気ですので人体には全く害の無い物です。そのままお使い下さい。いくら水を使い続けても水の色が白い場合はご連絡下さい。

水の色が赤い?

  お風呂などに水を張ったとき、少し赤い、または黄色い場合は速やかにご連絡下さい。
  水道管は大部分が鋳鉄管を使用しています。塩素の入った水(消毒のため)を供給しているため、管と管の繋ぎの部分で錆が発生しています。通常は水圧がかかっているので錆は蛇口から出ませんが、何らかの影響で落ちたものと思われます。状態が直るまでは飲料には使用しないで下さい。


お問い合わせ
上下水道課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-6238(下水道係)、076-288-6138(上水道係・料金係) FAX 076-288-5646
メール gesuidou@town.tsubata.lg.jp(下水道係)、jousuidou@town.tsubata.lg.jp(上水道係・料金係)
お問い合わせフォーム