更新日:2012年03月08日

地籍調査の効果

土地境界をめぐるトラブル発生の未然防止

土地の正確な位置がわからなかったり、隣地との境界をめぐるトラブルが発生することがあります。
地籍調査をすることで、土地の境界や位置が明確になり、境界をめぐるトラブル等の発生を未然に防止することに役立ちます。

土地取引の円滑化

土地を売買する際に、隣地との境界確認に時間がかかったり、登記簿と実測の面積が異なることがあるため、境界確認に時間を要する等のトラブルが発生する場合があります。
地籍調査をすることで、法務局の地図と現地での境界が一致するため、土地の売買等の土地取引の円滑化に役立ちます。

不公平課税の是正

災害が発生すると土地の境界がわからなくなり、復旧等に時間がかります。
地籍調査をすることで、境界杭の位置が地球上の座標値と結びつけられるため、災害が発生した場合、迅速な復旧に役立ちます。

公共工事の円滑化

公共工事を行う際に、事業計画の決定や用地の測量・買収等に時間がかかることがあります。
地籍調査をすることで、道路工事・下水道工事等の計画や用地の調査・測量等にかかる経費や時間が節約でき、公共事業の円滑化に役立ちます。

成果の利活用

地籍調査の成果は、土地の売買、土地トラブルの防止、災害時の復旧、各種行政運営等に利活用されます。


お問い合わせ
監理課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2121 FAX 076-288-6358
メール kanri@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム