更新日:2019年03月13日

平成31年度当初予算の概要

一般会計

  一般会計の当初予算総額は137億8,800万円で、前年度に比べて11億8,800万円(9.4%)の増額となりました。
  歳入は、町税のうち、家屋の新増築と企業の設備投資の増額により固定資産税を増額と見込み、町民税全体では前年度比4,152万円の増額を見込んでいます。また、税制改革に伴い新設された環境性能割交付金や森林環境譲与税を平成31年度より新たに計上しています。
  歳出は、ハード事業では、新庁舎整備及び福祉センター改築事業、文化会館シグナスの大ホール大規模改修事業、河合谷宿泊体験交流施設整備事業の設計費及び旧校舎解体費など、計画決定事業や継続事業を中心に進めていきます。
  ソフト事業では、低所得者世帯と3歳未満児がいる世帯を対象としたプレミアム付商品券交付事業などを計上しています。

  • 歳入・歳出(目的別・性質別)
    単位:万円
    会計名称 平成31年度
    予算額
    平成30年度
    予算額
    増減額 対前年
    比率(%)
    一般会計 1,378,800 1,260,000 118,800 9.4

    • 引き上げ分に係る地方消費税収の使途について

      平成26年4月1日より、消費税率が5%から8%に引き上げられました。この消費税率引き上げの趣旨は、今後も増加が見込まれる社会保障経費の財源確保にあることから、市町村においてはこの趣旨を踏まえ、引き上げ分の地方消費税収に伴う地方消費税交付金を社会保障経費に充当するとともに、それを明示することとなっています。

      津幡町の平成31年度当初予算における充当内訳については、次のとおりです。

    特別会計

      特別会計の当初予算総額は63億9,024万円で、前年度に比べて1億3,719万円(2.2%)の増額となりました。
      簡易水道事業特別会計で設備改修工事による増額や、バス事業特別会計ではバス車両整備による増額を見込むなど、ケーブルテレビ事業特別会計を除く会計で増額を見込んでいます。また、ケーブルテレビ事業特別会計の減額については、前年度に施設の改修工事を実施したため、その分の減額が主な要因です。

    単位:万円
    会計名称 平成31年度
    予算額
    平成30年度
    予算額
    増減額 対前年
    比率(%)
    国民健康保険特別会計 339,019 329,520 9,499 2.9
    後期高齢者医療特別会計 37,264 36,068 1,196 3.3
    介護保険特別会計 246,912 244,440 2,472 1.0
    簡易水道事業特別会計 585 444 141 31.8
    バス事業特別会計 11,092 8,763 2,329 26.6
    ケーブルテレビ事業特別会計 4,116 6,034 △1,918 △31.8
    河合谷財産区特別会計 36 36 0 0.0
    合計 639,024 625,305 13,719 2.2

    事業会計

      総額55億1,324万円で、前年度に比べて2億6,284万円(4.6%)の減額となりました。
      病院事業会計では、支払利息等の減額により収益的支出を、企業債償還元金の減額により資本的支出を減額で見込んでいます。
      水道事業会計では、配水及び給水費等の増額により収益的支出を、新庁舎整備に係る費用の増額により資本的支出を増額で見込んでいます。
      下水道事業会計では、減価償却費や支払利息等の減額により収益的支出を、工事請負費等の減額により資本的支出を減額を見込んでいます。

    単位:万円
    会計名称 支出区分 平成31年度
    予算額
    平成30年度
    予算額
    増減額 対前年
    比率(%)
    河北中央病院事業会計 収益的支出 131,538 131,942   △404 △0.3
      資本的支出 14,229 17,680 △3,451 △19.5
    水道事業会計 収益的支出 76,019 74,351 1,668 2.2
      資本的支出 39,931 32,970 6,961 21.1
    下水道事業会計 収益的支出 143,037 151,669 △8,632 △5.7
      資本的支出 146,570 168,996 △22,426 △13.3
    合計 551,324 577,608 △26,284 △4.6

    主要事業

      津幡町では、「第5次津幡町総合計画」に基づき、「住んでみたい、ずっと住みたい  ふるさと つばた」の実現に向け、5つの基本目標に沿った事業を実施しています。
      各会計における平成31年度の目標毎の主要事業については、次のとおりです。

    町債と今後の展望

      津幡町では、各会計において繰入金と長期借入金をさらに減らすため、施設使用料や事務手数料、事業の見直しや施設の民営化・統廃合なども検討しながら創意工夫をもって取り組んでいます。特に一般会計では、町の長期借入金である町債の新規発行に13億9,150万円を計上していますが、それを超える16億3,108万円を返済する予定であり、着実に残高を減らしています。
      今後も、「住んでよかったと実感できる町」を目指してまいりますので、町民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

関連リンク

お問い合わせ
企画財政課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2158 FAX 076-288-6358
メール kikakuzaisei@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム