更新日:2019年02月04日

消費者行政施策に関する町長メッセージ

平成31年2月
津幡町長 矢田富郎


平成30年の1年間で、津幡町消費生活センターに寄せられた相談は192件でした。                                                                                                                                                         昨年は、全国的に架空請求はがきの相談が増加し、津幡町にも同様のはがきが多く届きました。また、インターネットを介した取引が増えていく中で、偽サイトやフィッシング詐欺、問題公告による契約などの消費者トラブルが起きています。そのほか、全国的に社会問題となった消費者被害の相談も多く寄せられており、昨今の消費者トラブルにおいては地域格差はほとんどありません。                                                                                                                                                  消費生活センターでは、今後も相談者に寄り添い、問題解決を目指すとともに、寄せられた情報をもとに、素早い注意喚起や啓発を行い、消費者被害の防止に取り組みます。

2022年には、成年年齢が18才に引き下げられます。 社会経験が乏しく、単独での契約行為が可能になって間もない若年成年は、かねてより悪質な事業者に狙われる立場でした。若年成年が消費者トラブルに巻き込まれないためには、契約に関する知識やトラブルに対処する方法を学ぶ必要があります。そのためにも、地域や学校、様々な機会を捉え、広く消費者教育の機会を提供し、自立した消費者を育むよう努めてまいります。

津幡町では、消費生活に関する基本的な知識を備え、社会や環境に配慮した選択ができる、消費者市民社会の実現を目指して、今後も、消費者行政の推進に取り組んでまいります。みなさまの安心安全な暮らしの一助となりますよう、消費者行政を推進してまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。




お問い合わせ
交流経済課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2129 FAX 076-288-6470
メール kouryuukeizai@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム