更新日:2016年06月15日

平成27年度 職員提案成果報告

平成28年5月現在

実施したもの 9件

1
提案名みんなで倶利伽羅の歴史を学び、大河ドラマ誘致を推進しよう!
提案の内容  今年度、勤務になった萩坂保育園で、寺尾保育園の時と同じく地域の方も招いて倶利伽羅お話会を計画しました。そこで、源氏と平家の手作り紙芝居を視聴するなどして関心を持って頂き、大河ドラマ誘致に向け地元より発信して頂きたいと思います。
  また、職員大学などで、私達職員が、木曽義仲や、源氏と平家の倶利伽羅合戦など歴史について学ぶ機会を持つのはどうでしょうか?  地元に講演や教材を使ってお話をしてくださる方がおいでます。その先生方に来ていただき、学びの機会を持つことを提案します。
  
担当課総務課
実施結果  職員大学プロジェクトチームに意見として伝え、平成27年11月26日に職員大学講座として実施した。
2
提案名電灯スイッチ配置図の作成・設置について
提案の内容  スイッチの上部付近に電灯とスイッチの連動していることがわかる配置
図を設置します。  
  ・配置図を設置することで、どの職員でも電灯のON/OFFが容易にできます。
  ・他のフロアのスイッチにおいても、同様の配置図があれば、宿日直の見回り時などに電灯のON/OFFが容易にできるようになります。
  
担当課監理課
実施結果  町民ホールの電灯操作盤の上部に配置図を設置した。
  他の場所についても、効果が高いと思われるところに設置を進めていく。
3
提案名災害時における公用車の活用について
提案の内容  災害に対応するため、公用車に防災用品を備えておくことを提案します。

  (1)非常持出し袋にLED懐中電灯、手回し充電機能付きラジオ、消毒用エタノール、ロープ、乾パン、ライター、軍手などを入れます。
  (2)職員が災害時の誘導等に使用するヘルメットや誘導灯、防災ベストを準備します。
  (3)(1)と(2)公用車全て(町長車等除く)に搭載します。
  (4)上記のことで災害発生時、公用車を救護や交通整理等に活用できます。
  
担当課総務課
監理課
実施結果  防災無線登載車には、すでに相応のものが搭載されていることから、必要性に応じた防災用品を厳選したうえで1セット準備し、どの車両でも持ち出し可能となるよう職員玄関手前の器材倉庫に設置した。
4
提案名津幡町運動公園体育館の駐車場について
提案の内容  歩行者を確実に視認できるよう、また、防犯上の観点からも照明の増設が必要であると考える。
  
担当課生涯教育課
実施結果   運動公園内の外灯は、平成27年9月26日に全国市町村交流レガッタ津幡大会の歓迎レセプション会場として利用するのに合わせ、腐食防止工事を行うとともに、暗さを解消するため外灯の消灯箇所の調査を実施し、照明の取換工事を行い改善した。
  今後も特に暗い箇所を調査、把握し、安全に施設が利用できるよう努めていく。
5
提案名宿日直室の各種届出受付マニュアルの再整理及び定期的な更新
提案の内容  宿日直室に備え付けてある既存のマニュアルがどの職員が見ても分かるよう再度整理し直し、その内容も最新のものに時点修正する。また、劣化してマニュアルがボロボロになる前に、定期的に更新する。
  
担当課総務課
実施結果  平成27年10月13日にマニュアルの点検整備を実施した。今後は、1年に1回更新する。
6
提案名総合案内業務の改善について
提案の内容  総合案内のカウンター上に案内時間等を表示します。
  午前9時以前と午後4時以降はカウンター上に「案内業務時間  午前9時~12時、午後1時~4時」と表示した立札を設置し、来庁されたお客様がすぐに確認できるようにします。(立札は、午後の部担当者が業務終了時に設置し、翌日の午前の部担当者が業務開始時に下げます。)
  さらに「案内業務時間外については、お近くの職員にお尋ねください。」等の表示も付け加えれば、良いと思います。
  また、業務中に職員が案内等で席を外す場合には、「案内中のため、不在にしております。」等の立札をカウンター上に置くことで、不在の理由がわかります。
  その他、別業務になりますが、現在、「ゴミカレンダー」を町民課窓口にて渡していますが、総合案内で問合せが多くあることから、総合案内にも常備して渡すことについても併せて提案します。
  
担当課総務課
実施結果  片面に総合案内の営業時間、もう片面に「席を外しております」と書いた立札を作成し、平成27年10月8日に設置した。また、ゴミカレンダーも常備した。
7
提案名公用車一覧表の作成について
提案の内容  公用車一覧表を作成して、職員が公用車の車種等を確認(パワーエッグ、ファイルサーバー、各課配布等)できるようにします。
  町の公用車の車種等を把握し、公用車一覧表を作成します。(監理課において、当初予算計上用(損害保険、車検)の公用車の一覧表があるので、それを利用すれば早急に作成可能と考えます。)
  一覧表には、「車種」、「乗員数」、「自動車・軽自動車の区分」、「燃料」、「乗用・貨物の区分」、「積載量」、「2WD・4WDの区分」等、業務で使用する際に必要と思われる情報を記載します。
  
担当課監理課
実施結果  目的別に必要な車種がどこの課にあるのかがわかるよう、公用車一覧表を作成し周知した。
8
提案名新たな図書事業について
提案の内容  新たな図書事業として図書版福袋「シークレットブックス」(仮称)を行います。
  (1)図書3~5冊を見えないように梱包して手提げ袋に入れ、図書の内容等が推測できるようなネーミングのタイトルを貼り付けます。この機会に、良本であるのにあまり貸出されていない図書も利用します。
  (2)展示台等に何十セットを設置し、利用者に選んで借りてもらいます。
  (3)読書傾向は、各自特定のジャンルに偏ることが多く、この事業を行うことで、利用者の読書の幅を広げ、利用率を伸ばします。
  
担当課生涯教育課
実施結果  図書版福袋については、以前図書館内部において実施に向け検討したが、どれほど効果があるか不透明であるため、特集展示の内容を再構築することとし実施にいたらなかった。
  しかし、近隣図書館で実施され、事業の目新しさもあり各種メディアにおいても取り上げられるなど、図書館利用の推進に効果があると思われるため、本町図書館でも平成28年1月に実施した。
9
提案名口座振替領収書の廃止について
提案の内容  税等の口座振替後に送付している領収書を廃止(軽自動車税領収書は車検用の納税証明書としての利用があるため継続)します。
(1)廃止することで、郵便料、領収書印刷費用等がなくなり、経費を節減できます。
(2)送付を止めることで用紙の使用が減り、省資源化を推進できます。
(3)口座振替の確認については、納税者に納税通知書及び預貯金通帳の記帳で確認してもらいます。
  
担当課税務課
町民課
実施結果  「口座振替収納済通知書」は法令上の受領証書にはあたらないため、廃止しても還付事務や延滞金計算等の業務に支障がないことから、平成28年度分より廃止した。
  ただし、「軽自動車税(車検用)納税証明書」や「社会保険料控除のお知らせ」等は、町民の利便性の確保の観点から従前どおり送付が必要である。
また、廃止した分についても、納付者から送付依頼があった場合には、その都度対応する。

今後実施予定としているもの 2件

10
提案名ふるさと納税について
提案の内容  現在のふるさと納税制度について、次のように変更・追加することを提案します。
  ・名称の変更
    例として「ふるさと納税」から「ふるさと応縁寄附金」(寄附しても
    らうのもなにか縁があってのことで、その縁に応えるという意味)
  ・パンフレットの配布方法
    (1)県外PRイベントで配布
    (2)町民課窓口で転出者に配布
    (3)石川高専の卒業式、町成人式で配布。(初任給での寄附をPR)
  ・寄附方法
    時代背景より、インターネット上で申込みから支払いまでできるクレジットカード決済、またはコンビニ収納を可能とする。(少しでも寄附者の手間を省くことが重要です。)
  
担当課総務課
実施結果  平成27年度中に津幡ブランドが認定され、今後は、ふるさと納税の返礼品として活用していくこととしている。クレジットカード決済は平成28年6月から開始予定となっている。
11
提案名聴覚障害者に対する福祉電話の設置補助
提案の内容  骨伝導ハンドセット(受話器)を装備した福祉用電話機の設置補助
  
担当課福祉課
実施結果  骨伝導ハンドセットは、日常生活用具給付事業の給付要件に該当しているため、申請があった時点で必要と認めれば対象品目に追加する。
  また、聴覚障害者の緊急通報対策として、携帯電話やスマートフォン等の画面入力等で簡単に119番通報できる「緊急通報システムNet119システム」があり、対象者に利用意向調査を実施したところ、16名の利用希望者があった。今後の導入については、有効性やシステム導入費用など、さらに調査検討を行うこととする。

お問い合わせ
総務課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2120 FAX 076-288-6358
メール soumu@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム