Loading

About

津幡町ってどんなところ?

金沢はすぐそこ!便利な交通アクセス

map81津幡町は1000年以上にわたり、金沢、富山、能登方面から伸びる道路や鉄道の要所として栄えてきました。石川県の中心都市・金沢市中心部までは鉄道でたったの15分、車でも国道8号津幡バイパスを使って約20分で行くことができます。

バイパスを利用すると、北陸自動車道・のと里山海道へも簡単にアクセスが可能で、富山方面、能登方面へも1時間以内で行くことができるため、遠方へのアクセスに加え、大型のアウトレットモールやショッピングセンターでの買い物にも便利です。

また、東京、大阪、名古屋の大都市圏にも新幹線や特急を利用することで3時間以内に行くことができます。

子育て・教育に適した癒しの環境

石川県森林公園

津幡町には、広大な森林地帯や干拓地など、子どもたちがのびのびと育つ自然豊かな環境が身近に整っています。町の中心部から東に約3キロの森林は石川県森林公園として整備され、多くの人が癒しを求めて訪れます。

津幡町は働くご両親も安心の保育体制が整っています。保育園の定員には余裕があり、待機児童は1人もいません。子育て支援センターと全ての保育園・認定こども園では一時保育が実施されており、突然の用事ができても一時的にお子さまを預けることができます。

また、共働きなどでご両親が昼間に家にいなくても、学童保育が充実していますので、安心して働くことができます。

まちを挙げての科学教育

まちなか科学館での科学教室

まちなか科学館での科学教室

「津幡町からノーベル賞」を合い言葉に、子どもたちの科学教育にも力を入れています。

まちなか科学館は、子どもたちに科学への興味・関心を持ってもらうため、毎週木・金・土曜日に開館しており、毎週土曜日には科学教室を開催しています。科学教室では、科学館の専門員が講師となって実験や工作を行い、科学の面白さを伝えています。

近くには科学の小径(こみち)が整備され、科学者を紹介したパネルや分子構造を模したベンチなど、科学に親しむことのできるオブジェや遊具が並んでいます。

毎年12月には「科学の祭典」を開催しています。町内の小中学校教諭・高校・高専や企業などが中心となって出展する科学体験教室では、身近な生活の中で見られる現象を実験や工作を通じて体験することで、だれもが科学の楽しさを肌で感じることができます。

 

都市近隣で快適な暮らしを実現

map5津幡町は土地価格が手ごろなので、金沢市近郊の市町の中では比較的一戸建ての夢を実現させやすい町です。

金沢市近郊の市町
基準地金沢市内内灘町野々市市
価格23,800~160,000
円/㎡
17,700~46,500
円/㎡
48,500~72,500
円/㎡
津幡町内
基準地庄地内太田地能瀬地津幡地
価格38,300
円/㎡
36,000
円/㎡
27,500
円/㎡
21,000
円/㎡

参考:平成27年石川県地価調査書(石川県企画振興部)。宅地、基準地の利用の現況(木造2階建て)より価格を抽出作成。

空き家バンクや住宅取得等奨励金といった支援制度も充実しており、一戸建てで生活したいという夢をいち早く叶えることができます。

Pagetop