Loading

Point

移住/定住者支援制度のご紹介

津幡町では移住、定住する方を応援するため、様々な支援制度を設けています。

津幡町で住まいを見つけよう

津幡町では、新たに住宅を取得する方や、居住のために改修する方などを対象にした支援制度を充実させています。また、空き家の所有者と利用希望者をマッチングする空き家バンク制度をはじめ、就業・起業による東京圏からの移住や、町内で働く若者の奨学金返還に対する支援制度もあります。

住宅取得等奨励金

新たに一戸建て住宅を取得した方や、増改築、改修を行った方を対象として最大105万円の住宅取得等奨励金を交付しています。

また、三世代ファミリー同居等促進事業補助金との併用も可能です。

詳しくはこちら

空き家バンク利用奨励金

空き家バンク制度を利用して転入されたご夫婦を対象として、購入額の10分の1(限度額50万円)又は月額家賃の2分の1(限度額1万円、24か月分)を交付しています。

詳しくはこちら

農村定住奨励金

map1

対象となる農山村集落で住宅を新築、購入されたご家族に20万円(世帯員全員が転入者の場合は40万円)を交付しています。

さらに、世帯に16歳未満のお子さんがいる場合は1人につき5万円を加算します。

詳しくはこちら

三世代ファミリー同居等促進事業補助金

三世代(親子及び子の祖父母)で同居を行うために住宅を新築、購入、増改築、改修をする方を対象として、最大15万円の補助金を交付します。また、三世代が50メートル圏内で居住するために住宅を新築、購入する場合も対象となります。

住宅取得等奨励金または農村定住奨励金との併用もできます。

詳しくはこちら

 

空き家バンク

空き家を貸したい・売りたいと考える所有者の方に物件を登録していただき、借りたい・買いたい移住希望者に情報を提供しています。

詳しくはこちら

移住支援金

石川県と共同で実施する「いしかわ移住支援事業」において、東京圏から津幡町へ移住して就業又は起業した方に最大100万円を交付します。

詳しくはこちら

津幡町の未来を拓く若者支援補助金

奨学金を返還しながら町内で働く若者を対象に、基準日から起算して1年を経過するごとに、各期間内に返還した奨学金の額の3分の2(上限18万円)を5年間(最大90万円)助成します。

詳しくはこちら

津幡町だけでなく石川県の制度も活用することで、さらに手厚い支援が受けられます。

・いしかわの森で作る住宅推進事業

石川県では、7㎥以上の石川県産木材を使用した住宅等の新築・購入、増改築を行った場合、使用量及び使用率に応じて10万円、30万円または50万円を補助しています。

 

津幡町では、特色のある家づくりを応援しています

・津幡町木の家づくり奨励金

「いしかわの森で作る住宅推進事業」の対象者で金沢森林組合産のスギ柱50本以上を使用した木造住宅を新築・購入する方を対象に奨励金を交付しています。

・住宅用太陽光発電システム設置費補助金

住宅に新たに太陽光発電システムを設置する方、または津幡町内の太陽光発電システム付き住宅を購入する方を対象に、1kwあたり2万円(最大8万円)を補助しています。

古民家などを取得し耐震性に不安がある場合は、耐震診断や耐震改修工事を検討してみましょう。

・住宅耐震改修工事費等補助金

昭和56年5月31日以前に建築、または工事に着手した住宅を対象に、耐震診断、耐震改修にかかる費用の一部を補助しています。耐震診断費用の3/4(最大9万円)、耐震改修工事費用の10/10(最大150万円)を交付するものです。

この他にも、石川県や津幡町では住宅建築に関する様々な支援制度があり、みなさまの新生活を応援しています。
詳しくは津幡町ホームページをご確認いただくか、各担当課までお問い合わせください。

津幡町の婚活支援

津幡町では結婚の相談や相手の紹介を行う結婚相談事業を実施しています。また、結婚した夫婦にはお祝い品として商品券をお贈りしたり、新生活を経済的に支援するため、新居や引越しにかかる費用の補助制度もあります。

結婚相談事業


少子化の一因と言われている晩婚化や非婚率の増加に対応し、将来の定住人口の増につなげるため、ボランティアで結婚相談に応じる「結婚推進員」を通じて、結婚の相談やお相手の紹介を行う制度です。

相談の流れは以下のとおりです。

kekkon-soudan2① 町内に在住、または結婚を機に津幡町で生活をしてみたいと考えている独身男女から、結婚に関する相談。

② 町は氏名と連絡先を確認し、結婚推進員に連絡。

③ 結婚推進員から相談者に連絡。結婚推進員は面談日程を調整のうえ、町へ連絡。

④ 町は面談会場を確保のうえ、申込者に「身上書」等の必要書類を送付。

⑤ 相談者は記入済みの「身上書」を持参のうえ、推進員と面談。
その後、担当推進員を決定し、婚活にかかるアドバイスや、ご縁提供がスタート。

詳しくはこちら

結婚祝品

夫婦いずれかが40歳以下で、婚姻の届出日から3か月以内までに本町に住所を有している新婚夫婦に対し、祝品として3万円分の商品券を交付します。

詳しくはこちら

 

 

 

結婚新生活支援事業

所得合計が400万円未満で、ともに39歳以下の新婚夫婦の新生活を経済的に支援するため、住居費用や引越費用を最大30万円補助します。

詳しくはこちら

オンライン移住相談

「津幡町に興味はあるけれど、遠方に行くのはお金がかかる」「まずは住んでいる人の話を聞いてみたい」そんなご要望にお応えするため、新たにZoomによるオンライン移住相談窓口を開設しました。津幡町への移住に興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

詳しくはこちら

 

紹介した制度には、条件や制限があります。詳しくは 津幡町ホームページ、もしくは下記担当課にてお問い合わせください。

住宅取得等に対する各支援制度、空き家バンク制度、移住支援金、津幡町の未来を拓く若者支援補助金、
結婚相談事業、結婚祝品、結婚新生活支援事業、オンライン移住相談に関するお問い合わせ「企画課」

住所:〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL:076-288-2158
FAX076-288-6358
mail:kikaku@town.tsubata.lg.jp

Pagetop