Loading

Point

子育て支援サービスについて

子どもたちが健康にのびのびと育つ環境が整っている津幡町では、子育てのための支援制度も充実しています。

お子さまが生まれたら

出産祝品の贈呈

お子さまの誕生をお祝いして、出生祝商品券20,000円分を贈呈しています(津幡町に住所がある方に限ります)。

詳しくはこちら

チャイルドシート購入を補助

5,000円を限度とし、チャイルドシート購入金額の3分の1を助成しています。町内で購入した、安全基準マークのあるものが対象で、お子さま1人に対して1回となります。

詳しくはこちら

子どもの医療費を助成

町内に住所を有する中学校修了前までのお子さまに対し、月額1,000円を超える通院費・入院費を給付しています。

詳しくはこちら

児童手当

町に申請をすることで、中学校修了前の児童を養育している方は、児童手当の給付が受けられます。給付額は下表のとおりです(所得が限度額を超えている家庭の場合は、1人あたり月額一律5,000円となります)。

児童の年齢児童1人あたり月額
3歳の誕生月まで15,000円
3歳の誕生月の翌月から小学校修了前まで第1・2子10,000円
第3子以降15,000円
中学生10,000円

詳しくはこちら

マイ保育園登録制度

町内の全保育園・認定こども園が、出産や育児不安のサポートをします。母子健康手帳を持参し、保育園、認定こども園で登録(妊娠時から登録できます)すれば、育児見学や育児相談、出産後の一時預かり(半日利用)を3回無料で利用することができます。

詳しくはこちら

充実した保育制度

津幡町内の保育園、認定こども園、幼稚園

町内には、町立、私立あわせて14の保育園、認定こども園、幼稚園があります。各施設によって空き状況は異なります。

保育園・認定こども園

   幼 稚 園  

延長保育、休日保育、病後児保育

延長保育は、町立、私立あわせて12の保育園、認定こども園で実施しています。休日保育は2つの認定こども園、病後児保育は3つの認定こども園で実施しています。

保育料の軽減措置

町と国では、一定の所得条件を満たす多子世帯(3人以上)の保育料を助成しており、第2子の保育料は半額に、第3子以降の保育料は0円となる場合があります。詳しくは子育て支援課にお問い合わせください。

資料:保育料について

放課後児童クラブ(学童保育)

町内の放課後児童クラブ(学童保育)は、働きながらの子育てを支援しています。2017年4月現在、全部で14の放課後児童クラブがあり、ほとんどが小学校と隣接しているため、安心してお子さまを預けることができます。

詳しくはこちら

一時的に預けたいとき

一時預かり

子育て支援センターと、全ての保育園、認定こども園において一時預かりを実施しています。
家庭で保育している方が急な用事などでお子さまを預ける場合、前日までに希望する施設へ申し込むことでお子さまを預けることができます。

詳しくはこちら

子育てサポートセンター

津幡町社会福祉協議会で子育てサポートセンターを開設しています。通園、通学、病院などの付き添いや病後児、冠婚葬祭等の預かりをしています。子育てを手伝ってほしい方(利用会員)に子育てを手伝いたい方(サポート会員)を紹介し、サポートします。

詳しくはこちら

集まりたい、交流したいとき

施設開放

町立、私立のすべての保育園、認定こども園、幼稚園で施設開放をしています。ふれあい遊び、遊びの紹介、育児相談、子育て情報交換など親子交流の場となっています。毎月の開放日時等は広報誌などで案内しています。

詳しくはこちら

子育て支援センター

地域で子育て中の家庭を対象に、育児についての相談や指導、子育てサークルの育成、支援を行っています。子育て支援センターは、5つの保育園・認定こども園と社会福祉協議会親子サロンに開設しています。

詳しくはこちら

児童センター

小・中学生、高校生、子育て中の親子が、遊び場や交流の場として利用できます。乳幼児向け教室や小学生以上向け教室など、年齢に応じた行事を開催しています。

幅広い年齢の児童が触れ合ったり、一緒に遊んだりできる楽しい催しがいっぱいです。

詳しくはこちら

もしものときは…

小児科医院は津幡町に8か所、近くには総合病院も

病院イメージ町には河北中央病院をはじめ、医療機関が33か所あり、小児科も8か所にあるため、お子さまにもしものことがあった場合、すぐかかりつけ医に診てもらうことができます。

また、内灘町の金沢医科大学病院や金沢市の石川県立中央病院など、近隣の市町に総合病院があり、万が一の場合にも高度な医療を身近で受けることができます。

休日や夜間の急病にも対応

町では、毎週の休日当番医を「新聞」、「広報つばた」、「石川県医療・薬局機能情報提供システム」でお知らせしています。

休日夜間の急病の時は、19:00-23:00まで、金沢市の「金沢総合健康センター夜間急病診療所」が対応しています。夜間から翌朝にかけては小児科医による電話でのアドバイスも行っています。

病児保育

お子さまが病気になり、保護者による看病が難しい場合、一時的に病院内の病児保育に預けることができます。内灘町の金沢医科大学病院で実施しています。(病児対応)

また、病気の回復期で集団保育が困難な時期に、児童を専用スペースで一時的に預かっています。看護師が常駐していますので、安心して預けられます。現在は、ちいろばこども園、住吉こども園、実生こども園で実施しています。住吉こども園は在園児だけでなく、他園の病後児も預かります。(病後児対応)

紹介した制度には、条件や制限があります。詳しくは 津幡町ホームページ、もしくは下記担当課にてお問い合わせください。

お問い合わせ先 「子育て支援課」

住所:〒929-0393 石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL:076-288-6726
FAX:076-288-7935
mail:kosodate@town.tsubata.lg.jp

Pagetop